起動する

OptionsはWindows版とMacintosh版がダウンロード可能です

Windowsの場合
Windows版はZip形式で圧縮されていますので,
解凍ソフトで解凍してください。
(たとえば,+Lhacaなど)

解凍後,表示されるOptionsフォルダをダブルクリックして開くと,
Optionsというアプリケーションファイルがあります。

Optionswin

これがOptionsの本体ですので,これをダブルクリックすると
Optionsが起動します。

Macintoshの場合
Macintosh版はdmg形式になっていますので,
アイコンをダブルクリックしてください。

ファイルが展開されます。
Opendmg

Optionsap

「Options.app」というのが,本体ですので,
これをダブルクリックすると,Optionsが起動します。

広告

アカウントを削除する

アカウントに関する設定画面を表示するには,
センターメニューから「アカウントの設定を変更する」を選んで,Goボタンをクリックします。
Goaccounts

アカウント設定画面が表示されます。
Accounts

アカウントを削除するための
「アカウントを削除する」ボタンはグレーアウトしていて,使えません。

現段階では,Optionsは1アカウントでの使用とさせていただいているので,
実質的にアカウントを削除することがないと思われるからです。

「複数アカウントで使いたい」「アカウントを削除したい」という場合は,お手数ですが,
ナ・トワまでご連絡くださいませ。

アカウントを追加する

アカウントに関する設定画面を表示するには,
センターメニューから「アカウントの設定を変更する」を選んで,Goボタンをクリックします。
Goaccounts

アカウント設定画面が表示されます。
Accounts

アカウントを追加するための
「アカウントを追加する」ボタンはグレーアウトしていて,使えません。

現段階では,Optionsは1アカウントでの使用とさせていただいているからです。

「複数アカウントで使いたい」という場合は,お手数ですが,
ナ・トワまでご連絡くださいませ。

パスワードを変更する

アカウントに関する設定画面を表示するには,
センターメニューから「アカウントの設定を変更する」を選んで,Goボタンをクリックします。
Goaccounts

アカウント設定画面が表示されます。
Accounts

パスワードを変更するには,
「パスワードを変更する」ボタンをクリックします。
Pass Change Button

パスワードの変更ダイアログが表示されるので,
旧パスワード,新パスワード,新パスワード(確認用)を入力して,
[OK]をクリックします。
Pass Change

アカウントを有効化する

アカウントに関する設定画面を表示するには,
センターメニューから「アカウントの設定を変更する」を選んで,Goボタンをクリックします。
Goaccounts

アカウント設定画面が表示されます。
Accounts

アカウントを有効化するための「有効化する」ボタンは,
グレーアウトしていて,使用できません。

別の言い方をすれば,Optionsはフリーで使っていただくという主旨で公開しているので,
試用期間や使用制限を設けていません。
ですので,「有効化」をする必要がないということです。

将来的には,「有効化する」を有効にするかもしれませんが。

2項モデルを使う(2)バイノミナルモデルを活用する方法

2項モデルを使って,オプション価格を算定する方法(その2)です。

2項モデルを使うと,いわゆるヨーロピアンタイプのオプション価格と同時に,
アメリカンタイプのオプション価格を算定することができます。
(ちなみに,ブラック・ショールズ式では,ヨーロピアンタイプのオプション価格を算定します)

また,ブラック・ショールズ式ではできない,
ストック・オプションに関する細かな条件を設定した,オプション価格の算定を行うことができます。

HOME画面上のメニューバーにある,「オプション価格の算定」をクリックします。
Menucalc-2

ブラック・ショールズ式使ってオプション価格を算定する画面が表示されので,
「2項モデル」タブをクリックして画面を切り替えます。
Tabbi

あるいは,センターメニューから「2項モデルでオプション価格を算定する」を選んで,Goボタンをクリックします。
Gobi

2項モデルを使ってオプション価格を算定する画面が表示されます。
Bi

画面右下方にある,「モデル・ツリーを見る」をクリックします。
Bitree

バイノミナルモデル・ツリーの画面が表示されます。
Binomial Tree Model

画面上にいくつか数値セルがあります。
このうち,灰色セルの数値は計算結果を表示するセルなので,直接に入力操作をすることはできません。
白色セルは数値を入力することができます。

数値を入力できる項目は,下記のとおりです。
1.評価時点の株価
2.権利行使価格
3.権利行使残存期間
4.株価変動率(ボラティリティ)
5.無リスク利子率(リスクフリーレート)
6.予想配当率

また,分割期間を変更することができます。
(通常は,設定[Settings]画面で変更します)

Pushdivide
分割期間の青い三角をクリックすると,ダイアログが表示されます。

Divide

「20期間」,「10期間」,「5期間」から選択します。

バイノミナルモデル・ツリーの画面では,

  • 各段階の株価の変動額,
  • その株価から割り出した,各段階のヨーロピアンタイプのオプション価格
  • アメリカンタイプのオプションを行使した場合に得られる利益(実現価値)
  • その実現価値から割り出した,各段階のアメリカンタイプのオプション価格

がタブ表示されています。

Bi Tab 1

Bi Tab 2

Bi Tab 3

この各段階の数値をオプション条件に応じて変更させることで,
細かな条件設定を付したストック・オプションの評価をすることができます。
が,それは「基本的な使い方」の範疇を越えているので,ここでは割愛します。

数値を変更後に,オプション価格を再計算するには
「再計算」ボタンをクリックします。
Re-Calc All

ダイアログが表示されるので,
[OK]をクリックします。
Re Calc Dialog

また,「株価の変動」,「ヨーロピアンタイプ」,
「アメリカンタイプ(実現価値)」,「アメリカンタイプ(オプション価値)」
の各タブを個別に再計算することができます。

これには,それぞれのタブにある再計算ボタンをクリックします。
Re Calc

設定を変更する

ストック・オプション評価に関する
いくつかの基本的な設定を変更することができます。

画面の下方にある,「Settings」ボタンをクリックします。
Gosettings

設定画面が表示されます。
Settings

ここで設定できるのは,次の項目です。

  • ボラティリティ(株価の変動率)を算定するときに使用する,年間営業日数
  • 2項モデルで権利行使残存期間をいくつの期間に分けて計算するか
  • ストック・オプション価格の算定のときに,
  • ブラック・ショールズ式と2項モデルを一緒に算定するかどうか
  • ストック・オプション価格の精度を小数点以下何位までにするか

営業日数の日数
Workday
240日〜250日という設定が一般的と思われます。

分割期間数
Bi Devision

Bi Division Pa
5,10,20の3種類から選択します。

同時計算の設定
Bs Bi

同時計算をしたいときは,チェックボックスをチェックします。
Bs Bi Ck

小数点以下の設定
Round

Round Pa
0,1,2の3種類から選択します。

各値を変更した時点で,設定は有効になります。